北千住駅の美容室・美容院・ヘアサロン|リアン

Blogブログ

2016.2.25

シャンプーの選び方

こんにちは

rianの畠山です。

 

最近朝寒すぎてなかなか布団からでられません

この現象って「冬期鬱」ってゆう立派な病気らしいです

主に女性の方に多いらしいですけど対処法は太陽光を浴びることです

太陽光を浴びれない人は強めの光を浴びてもいいらしいですよ

太陽光しかり、光には「セロトニン」といわれる人間が幸せになれる成分を分泌させる効果があるらしいです

厄年の僕にはピッタリです

 

 

みなさんは

どんなシャンプーを使えばいいのか分からない!

なんて思ってませんか?

思ってる人も思ってない人もとりあえず太陽の光でも浴びてください…

 

太陽

 

 

はい、

みんな幸せになったところでシャンプーの種類から説明していきます

 

シャンプーは大きくけて以下の3つに分けられます。

・高級アルコールシャンプー

・石鹸系シャンプー

・アミノ酸系シャンプー

 

 

高級アルコールシャンプー

・泡立ちがいい

・安価

・艶が出る

・香りがいい

洗浄力が大変強く、皮脂を取り過ぎてしまうことも挙げられます。
頭皮への刺激も強いです。肌が弱い方や、薄毛に悩んでいる方にはあまり推奨できません。

 

石鹸系シャンプー

・洗い上がりスッキリ

・環境に優しい

・無添加

石鹸系シャンプーはアルカリ性です。人の肌や髪は弱酸性なので、アルカリ性は刺激が強いです。
特に髪はキューティクルがひらいてしまうため、酸性のトリートメントで中和してあげなければいけません。

 

アミノ酸系シャンプー

美容室のシャンプーは大体このタイプです

・頭皮に優しい

・成分が良い

 

アミノ酸系シャンプーは一般的に高価です。

安価な高級アルコールシャンプーと比較すると、5〜10倍程度価格に開きがあるのでコストが難点です。

 

シャンプーの図

 

 

シャンプーは50〜70%が水です。

30〜40%程度が主洗浄剤である「界面活性剤」。残りの10〜20%が指どおりをなめらかにするものだったり、いい香りのするものだったりします

つまり、最も大切なのが30〜40%に及ぶ「界面活性剤」というものになります。
この界面活性剤によってシャンプーの性格が決まります。

成分表は量が多い順に記載がされるため、ほとんどのシャンプーで一番初めに「水」と記載されているはずです。
注目すべきは、2から5番目くらいまでの成分です。

その中から以下の文言を見つけてください。

市販のシャンプーの殆どはいずれかが含まれています。

 

1.高級アルコール系シャンプー
ラウレス〇〇
ラウリル〇〇
スルホン〇〇
2.石鹸系シャンプー
〇〇石鹸素地
脂肪酸〇〇
3.アミノ酸系シャンプー
ココイル〇〇
ラウロイル〇〇

 

image12

 

rianと姉妹店のniygoではお客様の相談にのりながらひとりひとりにあったシャンプーを提案させていただきます

是非足をお運びになってください。

 

ビッグボトル

 

4月からは新店もオープンさせていただきますので楽しみにしていてください!

スタッフも募集してますのでお気軽にお電話下さい!

担当者 03-5284-9639

 

 

rian ハタケヤマ